【豊かな暮らし】をするために

人生を豊かにするために役に立つ情報を発信中。

暮らし

#3,【イマドキ田舎暮らし】移住・住みたい場所に行ってみよう!

投稿日:2019年4月13日 更新日:

こんにちは、ユタカナです。
このサイトは自然豊かな田舎に移住したユタカナが
【イマドキ田舎暮らし】をテーマにパートに分けて解説したいと思います。

前の記事から読みたい方はこちらからどうぞ。
#1,【イマドキ田舎暮らし】とは?。まずはメリット・デメリットを知る
#2,【イマドキ田舎暮らし】移住・住む場所の選び方

初めに、私は6年前に地方都市から【ちょこっと田舎】に移住しました。

田舎と言っても人口は1万人程度で、鉄道、バスなどの公共交通機関があり、病院、学校、銀行、大型スーパー、ドラックストア、コンビニ、ガソリンスタンドなどがあり、生活には困りません
駅近辺には住宅地が密集しておりますが、駅から車で10分以内でポツンと一軒家みたいな物件もあります。
このサイトのホーム画面フッターの画像は私の家から歩いて3分の場所です。

日本には場所さえ選べば、このような利便性が高い【ちょこっと田舎】は存在します。

前回は【イマドキ田舎暮らし】をするための【ちょこっと田舎】場所の選び方について解説しましたが、今回は【ちょこっと田舎】の場所を選んだあと、その場所に行ってみて、どのような行動を取れば良いか解説していきたいと思います。



目次

1,移住・住みたい場所に行くまでの準備
2,移住・住みたい場所に着いたら情報収集

まずは移住・住みたい場所に行ってみよう!

はい、まずは行動です。
移住・住みたい場所が大まかに決まったら、その場所に行ってみましょう。

1,移住・住みたい場所に行くまでの準備

地図や地図アプリ、ナビゲーションなど、ツールを使い行きたい場所までどのような方法で行くか決めます。

【交通手段を考える】

で行くのか?電車で行くのか?飛行機で行くのか?

【行きたい場所までの所要時間を知る】

地図や地図アプリ、ナビゲーションなど、ツールを使い行きたい場所までの所要時間を把握しましょう。
移住・住みたい場所までは車か電車(飛行機)で移動すると思いますが、現地で行動範囲を広げるため車が必要になります。
自家用車で移住・住みたい場所に行く場合は問題ないと思います。
電車(飛行機)で移住・住みたい場所に行く場合、田舎には都会のような便利な公共交通機関が少ない為、移動が不便です。
現地でレンタカーを借りる場合、田舎にはレンタカー会社がない場合が多いので、近くの地方都市まで電車で行き、地方都市でレンタカーを借り、現地まで移動したほうが無難です。

【行きたい場所までの予算計画をする】

今はGoogle MapやYahooのアプリなどで、どこからどこまで、何の交通機関でどのくらいの金額で行けるのかを調べることができます。
電車賃や高速道路代(有料道路代)、移動距離から自分の車の平均燃費だとガソリン代はこのくらいなど。
少し余裕を持って多めに予算を組みましょう。
また飛行機や電車を使う場合は予め予約割引などを調べておくと節約になります。
レンタカーを使う場合も、予め予約を取っておくのがよいでしょう。

【行きたい場所までの距離は近いのか?遠いのか?】

行きたい場所が近ければ日帰りで行けますが、遠い場所の場合、泊まりを考慮したほうが良いでしょう。

【旅行計画を何パターンか用意する】

旅にありがちですが、なかなか計画通りにはいかないものです。
きっちり予定を立てていっても現地では何があるかはわかりません。
その場合、短縮バージョンの計画も用意しておきましょう。
短縮バージョンとは、大事なポイントは押さえ、その他の省略できるポイントを把握しておくことです。
例えば行ってみたい場所がA,B,C,D,Eと5箇所あったとします。
どうしても行っておきたい大事な場所がBとDとEの3箇所だった場合、
Aから順番に回るのではなく、初めに大事な場所のBとDとEの3箇所を行ってみます。
そして時間があるようであればAとCにも行ってみると言う方法があります。
また、Aから順番に回ってみたが、時間が無くなってDとEが行けなかったという場合は、次回DとEを行ってみるなど、柔軟に計画を変更できるようにしておきましょう.

2,移住・住みたい場所に着いたら情報収集

【自分の直感を感じる】

準備が終わり、移住・住みたい場所に着いたら、通常まずは情報収集ですが、
その前に現地に着いたら、五感を研ぎ澄まし、自分の直感を感じましょう
「何か胡散臭いな」って思わないでください。笑
現地で生の情報を収集する前に、先入観なしの直感で「あっ、この場所いいかも?」とか「何かこの場所、嫌な感じがする」など何かしら感じとれると思います。

現に私も自分の住む場所を探す時、何十箇所も見て回りました。
ネットで調べた情報は良かったので、その場所に行ってみたら「何かこの場所、嫌な感じがする」と感じ、やめた場所が後から良くない場所だったという経験があります。

別に自分は霊感が強いとかではなく、普通の人間ですが、直感が働くときは直感を信じると割と失敗が少ない感じがしますので、一応おすすめしておきます。笑

【現地の声を聞いてみる】

次に前回お話したネットで情報収集したことを元に、現地の声を聞いてみましょう。
自分の聞きたい情報をまとめておくと、より効率的に質問ができます。

なるべく聞く方は、その情報を知ってそうな地元の方に声をかけてみましょう。
例えば、過去の災害の情報などは若い人ではなく、お年を召した人から聞くとか、
小学校の事を聞きたければ、小学生がいる親御さんに声をかけてみるとか?
当たり前の事ですが、聞きたい情報を得るには、その情報に詳しそうな方を見つけるのが近道です。
タクシーの運転手さん、地元商店の店主さん、地元の役場などに観光協会などがある場合は、そこで情報収集するのも手です。
なるべく多くの情報を短時間に得るため、効率よく情報を収集しましょう。

まとめ

1,移住・住みたい場所に行くまでの準備
・行きたい場所までの交通手段や所要時間を知る。
・行きたい場所までの予算計画をする。
・行きたい場所までの距離で日帰りなのか泊まりなのかを考慮する。
・旅行計画を何パターンか用意する。

2,移住・住みたい場所に着いたら情報収集
・自分の直感を感じる。
・現地の声を聞いてみる。

最後までお読みいただきありがとう御座いました。

いかがですか?
今回は【イマドキ田舎暮らし】移住・住みたい場所に行ってみるのアウトラインを解説いたしました。
今後、時間のある時に各事項の細かいところまで深掘りした説明ができればと思っています。

次回は

#4,【イマドキ田舎暮らし】住みたい場所に泊まってみる。

です。

-, 暮らし
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

#1,【イマドキ田舎暮らし】とは?まずはメリット・デメリットを知る

こんにちは、ユタカナです。このサイトは自然豊かな田舎に移住したユタカナが【イマドキ田舎暮らし】をテーマにパートに分けて解説したいと思います。#1,【イマドキ田舎暮らし】とは?。まずは田舎暮らしのメリッ …

#2,【イマドキ田舎暮らし】移住・住む場所の選び方

こんにちは、ユタカナです。このサイトは自然豊かな田舎に移住したユタカナが【イマドキ田舎暮らし】をテーマにパートに分けて解説したいと思います。前の記事から読みたい方はこちらからどうぞ。 #1,【イマドキ …

#4,【イマドキ田舎暮らし】移住したい・住みたい場所に泊まってみる。

こんにちは、ユタカナです。このサイトは自然豊かな田舎に移住したユタカナが【イマドキ田舎暮らし】をテーマにパートに分けて解説したいと思います。前の記事から読みたい方はこちらからどうぞ。 #1,【イマドキ …

【豊かな暮らし】をするために
サイト運営者の【ユタカナ】です。

今の時代に合った人生を豊かにするために
役に立つ情報を発信中。

海あり山あり自然豊かな場所で
【イマドキ田舎暮らし】を絶賛実演中。
趣味はキャンプと温泉。
猫好き。

お気軽にフォローしていただければ
幸いです。
↓↓↓↓↓

Twitter