【豊かな暮らし】をするために

人生を豊かにするために役に立つ情報を発信中。

【おすすめ!】美味しい野菜・比較・選び方と買い方

投稿日:2019年3月26日 更新日:



・子育て世代、子どもたちに美味しい野菜を食べさせたい。
・美味しい野菜を食べて腸内環境を整えたい。
・成人病予防のため、美味しい野菜中心の食生活にしたい。
・年齢を重ね、食が細くなったので、少量でいいから美味しい野菜を食べたい。


美味しい野菜は近頃、多くの需要はありますが、
はたして美味しい野菜とは?
また美味しい野菜の選び方は?
美味しい野菜はどこで買えるの?
と言う疑問にお答えします。

私は若い頃から野菜中心の生活を送っていますが、数年前、体調を崩したことがきっかけで、美味しいこだわりの野菜に切り替えてから体調が改善した経験があります。

【目次】

1,美味しい野菜とは?
2,美味しい野菜の選び方
3,美味しい野菜の買い方


1,美味しい野菜とは?

結論から言いますと、農薬化学肥料をできるだけ少なく使って栽培された新鮮な野菜が、野菜本来の旨味を持つ美味しい野菜と言えます。

美味しい野菜を知るためにまずは野菜の栽培方法を理解しましょう。

栽培方法で分けると大きく5種類に分類されます。


1-1,【慣行栽培】の野菜=「都道府県で定められている農薬や化学肥料で栽培された野菜」(普通に流通している野菜)

1-2,【特別栽培】の野菜=「都道府県で定められている農薬や化学肥料の使用を半分以下で栽培された野菜」(減農薬野菜)

1-3,【有機栽培】の野菜=「農薬や化学肥料を2年以上使っていない農場で栽培された野菜」

1-4,【無農薬栽培】の野菜=「栽培期間中に農薬を使用しないで栽培された野菜」

1-5,【自然栽培】の野菜=「農薬も肥料も一切使用しないで栽培された野菜」

野菜栽培にはそれぞれいろいろな基準がありますが、【慣行栽培】の野菜は農薬や化学肥料が多く使われているのが事実です。

(日本は中国、韓国に次いで世界第三位の農薬使用大国)

【慣行栽培】の野菜よりは、農薬や化学肥料をできるだけ排除した【特別栽培】【有機栽培】【無農薬栽培】【自然栽培】の野菜が、野菜本来の旨味や味わいがあるのでおすすめです。



2,美味しい野菜の選び方

スーパーや八百屋さんに並んでいる野菜の殆どは【慣行栽培】の野菜です。
またこだわりのある売り場では【特別栽培】、【有機栽培】、【無農薬栽培】、【自然栽培】の野菜もある場合があります。
その場合は生産者やこだわりの栽培方法が記載されている事があるので、その事項で判断する事ができます。

また、【有機栽培】の野菜には農林水産省が認証しているJASマークがついています。
表示がすべてではありませんが、表示無しよりは信頼性がありますので、できるだけ生産者栽培方法こだわりの表記がある野菜を選ぶと美味しい野菜に巡り合うチャンスが大幅にアップします。



3,美味しい野菜の買い方

まず手始めに地元の野菜販売所でこだわりの栽培方法で生産している農家さんを見つけみましょう。
地元の野菜であれば流通経路を省略できるのでより新鮮な野菜が手に入りやすくなります。

しかし、なかなか地元のこだわりのある農家さんを見つられないという方は、全国のこだわりの農家さんを厳選した宅配サービスを行っている会社を利用する手もあります。
現に私も地元野菜の他に、【らでぃっしゅぼーや】さんや、【オイシックス】さんの野菜も取り寄せております。
地元の野菜だけではなく、全国の旬な野菜を楽しめるのも魅力の一つです。

こだわりのある美味しい野菜のお値段は普通に売っている野菜よりは高めです。
しかし、食べるものは私達の身体を作っている原点です。
数年前体調を崩してから食べ物の大切さを体感しました。
少しくらいお値段が高くても大病した医療費よりは安いし、子供の成長や健康にはかえられません。
私の家で体に良い食べ物は「未来の投資」として捉えております。



まとめ

・農薬や化学肥料をできるだけ排除した野菜を選ぶことで、
野菜本来にある旨味や味わいが凝縮した
美味しい野菜に巡り合いましょう。

・自分が納得できるこだわりの農家さんを見つけましょう。

・全国のこだわりの農家さんを厳選した宅配サービスを行っている会社を利用するのも1つの手です。

最後までお読みいただきありがとう御座いました。

今後、時間のある時に各事項の細かいところまで深掘りした説明ができればと思っています。

-

執筆者:

【豊かな暮らし】をするために
サイト運営者の【ユタカナ】です。

今の時代に合った人生を豊かにするために
役に立つ情報を発信中。

海あり山あり自然豊かな場所で
【イマドキ田舎暮らし】を絶賛実演中。
趣味はキャンプと温泉。
猫好き。

お気軽にフォローしていただければ
幸いです。
↓↓↓↓↓

Twitter